『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。


 アジアの安全保障2016-2017
 探るアジアのパワーバランス 連携進める日米豪印

監 修 西原 正
編 著 平和・安全保障研究所
体 裁 A5判・上製本・約290ページ
定 価 本体2,250円+税

 我が国の平和と安全に関し、総合的な調査研究と政策への提言を行っている平和・安全保障研究所が、総力を挙げて公刊する年次報告書。定評ある情勢認識と正確な情報分析。世界とアジアを理解し、各国の動向と思惑を読み解く最適の書。アジアの安全保障を本書が解き明かす!!

<おもな内容>
 ●軍事拠点化進む南シナ海
 ●孤立する中国外交
 ●不透明感増す朝鮮半島
 ●動き出した新安保法制

 中東の混迷とアジアの安全保障/中国夢の盛衰とアジアの安全保障―投資バブルがもたらしたもの/TPPが地域安全保障に及ぼすインパクト/防衛装備庁の誕生と進まぬ武器輸出

 アジア各国の国内情勢と国際関係をグローバルな視野から徹底的に分析。最近のアジア情勢を体系的に情報収集する研究者・専門家・ビジネスマン・学生必携の書!!

お申込みはこちら

 

朝雲新聞社の本


2017自衛隊手帳
自衛隊装備年鑑
2016-2017

アジアの
安全保障
2016-2017
平成28年版
防衛ハンドブック

『朝雲』縮刷版
2015


わかる
平和安全法制


自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。