『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

TOP「朝雲アーカイブ」のご案内 >「朝雲アーカイブ」会員規約


 「朝雲アーカイブ」会員規約

会員規約をご確認ください。

 本規約は、朝雲新聞株式会社(以下朝雲)が主催するインターネットを利用したサービス「朝雲アーカイブ」をご利用いただく際の、利用者と朝雲との間の一切の関係に適用されます。
「朝雲アーカイブ」へご登録されますと、本規約の内容一切をご承諾頂いたことと致しますので、ご登録前に必ず本規約をお読みになり、ご理解下さいますようお願い致します。

第1条(定義)
 1.「本サービス」とは、インターネットを利用したニュース、防衛関連情報等の提供を目的として朝雲が主催、運営する「朝雲アーカイブ」をいいます。
 2.「利用者」とは、本規約を承諾のうえ朝雲所定の登録手続をしていただいた個人をいいます
 3.「本サービスのホームページ」とは、朝雲アーカイブのインデックスが掲載されているホームページをいいます。朝雲による通知あるいは朝雲アーカイブのインデックスが掲載されているホームページにより当ホームページのアドレス変更を利用者に通知した場合には、アドレス変更後のホームページを指すものとします。

第2条(本サービス概要)
 本サービスの概要は、以下のものとします。
 (1)インターネット上の当社が管理する本サービスにおいて当社が提供するパソコン向けネットワークサービスを意味します。
 (2)利用者は、本サービスの内容として、本サービスに関する通知、朝雲が広告主から依頼された広告、その他朝雲が本サービスの運営において必要と判断した情報が含まれることを、予め承認するものとします。

第3条(利用者)
 1.利用者は、本規約に従い、本サービスをご利用いただくものとします。
 2.利用者は、本サービスにより得た情報を、利用者ご自身の判断と責任において利用して頂くものとします。
 3.利用者は、本サービスを利用するにあたり、第三者に迷惑、不利益を与える等の行為、本サービスの運営に支障をきたす行為、公序良俗に反するような行為を行わないものとします。
 4.利用者は、本サービスに掲載された記事を、朝雲の許諾を得ずに、利用者として登録されていない第三者に対し、複製・自動公衆送信・送信可能化・転載・転送・加工・二次利用・使用許諾、その他当該記事の著作権者が有する著作権を侵害する一切の行為を行ってはならないものとします。朝雲は、利用者が上記行為を行っていないことを調査する権利を有すことを承諾するものとします。
 5.本規約に違反することにより朝雲に損害を与えた場合、利用者は当該損害を賠償するものとします。

第4条(パスワード)
 1.利用者には、朝雲より本サービスを利用する為のパスワード(以下「パスワード」といいます)を郵送により通知します。
 2.利用者は、パスワードを自身の責任において管理し、第三者に譲渡、売買、または質入れ等を行わないものとします。
 3.利用者は、パスワードを第三者に公開してはならないものとします。
 4.利用者は、パスワードを紛失した、あるいは第三者のパスワードを知り得た場合には、すみやかに朝雲に届け出るものとします。その際、届け出た内容に対する対処に、一定の日数が掛かることがあることを、あらかじめ了解するものとします。

第5条(登録事項及び通知)
 1.利用者は、自身の電子メールアドレスその他の登録事項の変更を希望する場合には、所定の手続きにて、当該変更の手続きを取るものとします。但し、手続きの関係上、変更の手続きをされてから、当該変更が有効になるまで数日を要することがあります。
 2.朝雲の利用者に対する通知は、電子メール、本サービスのホームページ上での掲示により行うものとし、電子メールにて通知した場合には、利用者が登録した利用者の電子メールアドレスに朝雲が電子メールを発信した時、本サービスのホームページ上に掲示した場合は掲示した時をもって、当該通知は、利用者に到達したものとします。

第6条(利用料金)
 1.本サービスの利用料金は下記のとおり(全て消費税込み)で、前払いとします。
   6ヶ月 4,000円、1年間 6,000円
   利用者が朝雲発行の新聞「朝雲」の年間定期購読者の場合1年間 3,000円
 2.利用者が本サービスの利用に要した電話料金及びコンピュータや通信機器等の費用は、利用者が負担します。

第7条(利用資格)
 朝雲は、次のいずれかに該当する契約社利用者につき、本サービスの利用の一時停止あるいは利用資格を取り消すことができるものとします。
 (1) 登録事項に虚偽がある場合。
 (2)パスワードを不正に使用し、または使用させた場合。
 (3)本サービスの運営を妨害した場合。

第8条(免責)
 1.朝雲は、本サービス運営に当たり、利用者情報等について暗号処理等の必要な措置を講じますが、必ずしも安全ではないことを、利用者は予め了承するものとします。
 2.朝雲は、本サービスで提供される情報に関し、朝雲が信用するに足るとみなした資料をもとに作成しますが、その内容の完全性、正確性、有用性に関していかなる保証も行いません。
 3.朝雲は、コンテンツ、システムに最善の注意を払っていますが、利用者に対し、以下の事象に起因して発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
 (1) 第三者によるパスワード使用
 (2)本サービスの停止・中止(一時的か否かを問わない)
 (3) 本サービスにより利用者が得た情報の内容
 (4) 朝雲の責めに帰さない事由による利用者情報等の漏洩
 (5)第5条第2項に基づき朝雲が通知した内容を利用者が知らなかったこと
 (6)その他朝雲の責めに帰さない事由

第9条(保守等)
 1.朝雲は、必要に応じ、本サービスの名称、内容及びURLを、利用者に通知の上変更することが出来るものとします。
 2.朝雲は、本サービスの稼働状態を良好に保つためのメンテナンス作業等により、利用者に事前の通知もしくは事後の通知をもってなく、本サービスの運用を一時的に停止することが出来るものとします。

第10条(規約の変更)
 朝雲は、本規約を任意に変更することが出来るものとします。当該変更は、朝雲が利用者に第5条第2項に基づき通知した時点をもって有効とし、利用者に適用いたします。

第11条(本サービスの終了)
 1.朝雲は、本サービスを終了する場合、利用者に2週間前に通知することによって、本サービスを終了することが出来るものとします。その際の利用料金の精算は、サービスの未提供期間を日割計算にして算出し、朝雲より利用者に返還いたします。
 2.利用者が、本サービスの利用を終了するには、利用者が登録抹消の手続きを行うものとします。但し、手続きの関係上、終了の手続きを戴いてから、当該手続きが有効となるまでに数日を要すること、および、その間に生じたインターネットプロバイダー利用料、電話代その他これに類する費用を朝雲に請求しないことを、あらかじめ承諾しているものとします。
 3.利用者は、本サービスを終了する手段として、本条第2項の手続きしかないことをあらかじめ承諾しているものとします。なお、利用者の事由により本サービスの利用を終了する場合、既に払い込まれている利用料金の返還は行いません。
 4.利用者が電子メールアドレスの覚え違い、パスワードの紛失、その他利用者に帰すべき原因により、本サービスの終了ができない場合、朝雲がサービス終了のために対応する義務はないものとします。

第12条(その他)
 本規約に関し、利用者と朝雲の間で生じた一切の紛争については、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

2013年3月1日

もどる

 

朝雲新聞社の本

『朝雲』縮刷版
2016


2017自衛隊手帳
自衛隊装備年鑑
2016-2017
アジアの
安全保障
2016-2017

平成28年版
防衛ハンドブック


わかる
平和安全法制

自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。