『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

TOP > 防衛関連ニュース


 防衛関連ニュース

日本の防衛を支える<2>
株式会社気球製作所 豊間清社長に聞く

2017年12月6日更新

 〝日本航空界の先覚者〟山田猪三郎の絵本を手にする豊間清社長。「殿堂入り」の銀のプレートも右に見える


 出荷前の気象観測用気球「コスモプレン」。工場内で事前に膨らませ、性能確認を行っている(気球製作所で)

 100年前に生きた日本人発明家が昨秋、国際航空連盟(本部・スイスのローザンヌ)の国際気球委員会から「殿堂入り」の栄誉を受けた。この人物こそ明治時代に日本初のゴム製救命浮輪を作り、その後、係留気球や飛行船を発明し、〝日本航空界の先覚者〟と呼ばれる山田猪三郎(1863―1913)だ。

 殿堂入り式典は昨年9月、国際バルーン・フェスティバルの会場としても有名な米ニューメキシコ州アルバカーキ市の国際気球博物館で行われ、山田猪三郎の曾孫である株式会社気球製作所(東京都大田区)の豊間清社長が出席し、喜びのスピーチを行うとともに、「殿堂入り」のプレートを受け取った。

 山田猪三郎は和歌山藩士の子として生まれ、若い頃、紀州沖で座礁沈没した英国船「ノルマントン号」の海難事故に接し、救命具の必要性を強く感じ、上京して会社を設立、日本初の救命胴衣を作り上げた。

 その後、日清・日露戦争の時代となると旧知の陸軍大佐から「これからは空の時代になる」とのアドバイスを受け、1900年、日本初の円筒型係留気球を完成させた。日露戦争の旅順攻囲戦では、この気球に陸軍兵士が乗り、上空からロシア軍の偵察を行った。


ハイテク「ゴム気球」を製作 3万メートル上昇 気象データ収集

 この創業者の気風を受け継ぐ気球製作所は〝気球一筋120年〟という専門メーカーだ。天然ゴムで作られる気象観測用気球「コスモプレン」は、観測機器を吊り下げて高度3万メートルまで上昇し、各種気象データを地上に伝送する。

 この気球は気象庁をはじめ、防衛省、航空宇宙研究開発機構(JAXA)、放射線医学総合研究所、東大、東工大、筑波大など関係機関で広く使われ、気象予報や航空機の安全な運航などに大きく寄与している。

 同社は社員約30人の規模だが、生ゴムに関する製造技術はずば抜けて高く、世界からも高く評価され、製品の約45%は西側各国に輸出され、延べ50カ国で使われている。

 「生前の曽祖父の口ぐせは・・・

続きを読む

日米韓が弾道ミサイル情報共有訓練(2017年12月18日付更新)
日本の防衛を支える<3> MIRAI-LABO株式会社 平塚雷太・営業本部長に聞く(2017年12月18日付更新)
自衛隊統合実動演習(29JX)陸海空3自衛隊の連携強化(2017年12月18日付更新)
海賊対処航空隊29次隊 アデン湾で独海軍と初訓練(2017年12月18日付更新)
海賊対処支援隊9次隊 第1波が出発(2017年12月18日付更新)
國分学校長の揮毫で短艇委員会の看板新調 防大(2017年12月18日付更新)
ロシア軍参謀総長 7年ぶり来日 大臣、統幕長と会談(2017年12月15日更新)
厳しさ増す日本の安保環境 取るべき針路とは 香田洋二氏に聞く(2017年12月15日更新)
空自南空、支援集団 大規模災害を想定 徳之島空港で展開訓練(2017年12月15日更新)
全自ラグビー60回大会 船岡〝2強〟対決制す(2017年12月15日更新)
空幕長に丸茂空将 菊地佐世保総監、田中3師団長 政府、人事を承認(2017年12月14日更新)
長距離巡航ミサイル導入 防衛相表明 敵の脅威圏外から発射(2017年12月14日更新)
猪木正道賞 正賞を受賞 防研・金澤3海佐著『幕府海軍の興亡』が高い評価(2017年12月14日更新)
UH60Jヘリ墜落事故 新たに1人収容(2017年12月14日更新)
海自舞鶴教育隊 初の海曹予定者課程 118人が始業式(2017年12月13日更新)
全国防衛協会連合会 女性部会が研修大会 宮家邦彦氏が防衛講話(2017年12月13日更新)
香川地本庁舎が高松駅北側に移転 災害対処能力向上へ(2017年12月13日更新)
「国民の自衛官」表彰に天摩曹長 伝統芸能継承 高く評価(2017年12月13日更新)
<防衛省10年 その評価と今後への期待> 日米同盟の実効性のさらなる強化を 全国防衛協会連合会会長 佃和夫氏(元三菱重工業社長・会長、元日経連副会長)(2017年12月12日更新)
防衛基盤整備協会賞に4社 鎌田理事長「今後とも事業を充実」(2017年12月12日更新)
陸幕「25万広報官作戦」第3弾 16ページ、フルカラーのマンガ冊子作成 自衛官の魅力を伝えよう!(2017年12月12日更新)
日豪国会議員 ラグビーで親善 W杯成功願いスクラム(2017年12月12日更新)
ASEAN創立50周年記念国際観艦式 南シナ海では豪、比海軍と訓練(2017年12月11日更新)
1音響測定隊にクルー制を導入 海自艦艇で初(2017年12月11日更新)
海賊対処航空28次隊 P3C哨戒機2機目が帰国 同僚隊員ら出迎え(2017年12月11日更新)
中国軍艦艇3隻 宮古海峡を北西進(2017年12月11日更新)
陸幕長、英・仏陸軍参謀総長と会談 陸軍種間の防衛協力強化(2017年12月8日更新)
初のジェンダー講師 大﨑2佐らエチオピアに派遣(2017年12月8日更新)
UH60Jヘリ墜落 乗員2人収容 他の2隊員、捜索継続(2017年12月8日更新)
霧島登山マラソン大会「天孫降臨」の頂を目指して(2017年12月8日更新)
北朝鮮 新型ICBM発射「火星15型」最高高度4000㌔超(2017年12月7日更新)
北朝鮮 新型ICBM発射 伊藤俊幸氏(元海将、元呉地方総監)の話(2017年12月7日更新)
北朝鮮 新型ICBM発射 日米韓防衛当局がテレビ会議(2017年12月7日更新)
国民保護演習に参加 弾道ミサイル対応で初実施 京都(2017年12月7日更新)
海自22空群が長崎県国民保護共同訓練に参加 弾道ミサイル着弾を想定(2017年12月7日更新)
日本の防衛を支える<2> 株式会社気球製作所 豊間清社長に聞く(2017年12月6日更新)
米海兵隊訓練 熊本に移転 陸自と共同実動訓練「フォレストライト」(2017年12月6日更新)
百里基地警備犬 総合防災訓練に初参加(2017年12月6日更新)
<手帳の達人>「自衛隊手帳」の上手な使い方① トレーニングプランの管理に活用(2017年12月6日更新)
彦根藩主・井伊家菩提寺 豪徳寺 圧巻1万体の招き猫(2017年12月6日更新)
KADOKAWA歴史セミナー「戦史シリーズ」東京・市ヶ谷で開催 講師 陸自元教官と防大元教授(2017年12月6日更新)
<防衛省10年 その評価と今後への期待> 政策官庁として、もっとイニシアチブを 水交会理事長 齋藤隆氏(第2代統幕長、第27代海上幕僚長、元海将)(2017年12月5日更新)
<防衛省10年 その評価と今後への期待> 合法的・実効的に対応できる憲法上の規定を つばさ会会長 外薗健一朗氏(第30代航空幕僚長、元空将)(2017年12月5日更新)
空自2高群6高隊のPAC3部隊、飯塚駐屯地で展開訓練(2017年12月5日更新)
宮古海峡上空に中国軍機 11月では3回目 空自スクランブル(2017年12月5日更新)
<秋の訓練最盛期> 即応予備自の招集訓練 49普連(2017年12月5日更新)
<秋の訓練最盛期> 師団の陣地攻撃を想定 3師団(2017年12月5日更新)
<秋の訓練最盛期> 4師団が日出生台で砲迫観測訓練(2017年12月5日更新)
<訃報> 田鍋 秀雄 氏(2017年12月5日更新)

 

 

朝雲新聞社の本

2018自衛隊手帳
自衛隊装備年鑑
2017-2018

アジアの
安全保障
2017-2018

平成29年度
防衛ハンドブック

『朝雲』縮刷版
2016

わかる
平和安全法制

自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。