『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

TOP > 防衛関連ニュース


 防衛関連ニュース

災派出動時の留守家族への備え強化
支援体制 各地で整備 熊本 高知 海田市

2018年2月15日更新

 協定を締結した(左から)濱田熊本地本長、田中重伸健軍駐屯地司令、山下髙憲熊本県隊友会会長、堀江祐一北熊本駐屯地司令、越智文雄熊本駐屯地司令(12月11日、西方総監部で)


 握手を交わす(左から)浅野正倫県家族会会長、平林智広駐屯地業務隊長、今村功県隊友会会長(高知駐屯地で)

 大規模災害発生時に緊急出動する自衛隊員に代わって、その留守家族の安否確認などを担う隊友会、家族会との「災害時支援協定」が全国の部隊、地本で整備されつつある。昨年末には東日本大震災や熊本地震などを教訓に、熊本県の3個駐屯地と隊友会、熊本地本が「災害派遣隊員の留守家族支援に関する協定」を締結、緊急時への備えを強化した。


熊本県内自衛隊機関 隊友会と協定を締結 安否確認や生活支援など 熊本

 【熊本地本】熊本県隊友会と県内の3個駐屯地(健軍、北熊本、熊本)、熊本地本は12月11日、大規模災害発生時の「災派隊員の留守家族支援に関する協定」を締結した。

 同協定は一昨年の熊本地震の教訓などを生かし、大規模災害時に連絡がとれなくなった隊員の留学家族の安否確認や生活支援などを隊友会が行うことを目的としている。

 これに先立ち昨年3月には、・・・

続きを読む


高知駐屯地業務隊、高知県家族会、高知県隊友会 3者間で支援協定 高知

 【高知】高知駐屯地業務隊はこのほど、県家族会、県隊友会との間で、「高知駐屯地が推進する隊員家族の支援に対する協力に関する協定書」を締結した。

 平成29年5月、陸自と家族会、隊友会との間で家族支援に対する協力の根拠となる中央協定「隊員家族の支援に対する協力に関する協定書」が締結されたことを受けたもの。高知県内での家族支援協力の進捗状況や特性を踏まえ、3者間で協議を重ね、このたび・・・

続きを読む


海田市駐屯地業務隊 情報提供や支援 家族会と協定締結

 【海田市】海田市駐屯地業務隊は12月12日、広島県自衛隊家族会と「家族支援に関する協定」を締結した。

 協定は平成23年の東日本大震災で被災した隊員が家族の安否を確認できないまま不安をかかえ、活動に従事せざるをえなかったことを教訓としたもの。

 隊員が長期にわたって被災地で活動する場合、家族会が留守家族に対して安否の確認や生活支援、情報提供、相談などの支援を行うことについて協定を結んだ。

<平成30年度防衛費 重要施策を見る(6)人事処遇> 予備自等雇用主へ「給付金」創設(2018年2月23日更新)
UH60J墜落原因 空間識失調で降下 警報に対応せず(2018年2月23日更新)
国際宇宙ステーションの金井さん 初の船外活動(2018年2月23日更新)
北朝鮮船籍のタンカーが再び「瀬取り」東シナ海で確認(2018年2月23日更新)
米陸軍参謀総長が来日 首相、防衛相と相次ぎ会談 日米韓で対北圧力を継続(2018年2月22日更新)
PAC3部隊加え日米で防空・ミサイル防衛訓練(2018年2月22日更新)
米海軍大学校で日米指揮所演習(2018年2月22日更新)
平昌五輪クロカン 体校・吉田1尉 悲願のメダルへ全力(2018年2月22日更新)
平昌五輪でバイアスロン選手健闘(2018年2月22日更新)
ブルネイで河野外相が外洋練習航海部隊を視察(2018年2月21日更新)
P3C2機がブルネイ訪問(2018年2月21日更新)
護衛艦「あまぎり」フィリピン海軍と親善訓練(2018年2月21日更新)
各地で大規模図上演習 自然災害・化学剤テロ・弾道ミサイル あらゆる事案に即時対応 山形 静岡 岐阜(2018年2月21日更新)
首相乗せ政府専用機 五輪開会式へ(2018年2月21日更新)
海自11飛行隊の森宗1尉 飛行1万時間を達成(2018年2月21日更新)
トランプ米政権の「国家安全保障戦略」防研の新垣拓・主任研究官が読み解く(2018年2月20日更新)
防衛施設学会が「年次フォーラム」西・元防衛事務次官が安保環境で講演(2018年2月20日更新)
CTF151司令官として梶元将補が出国報告 バーレーン向け16日出発(2018年2月20日更新)
陸自AH64D墜落事故 隊員2人が死亡 目達原駐屯地で部隊葬(2018年2月20日更新)
加古川市で山林火災 3飛隊などが空中消火活動(2018年2月20日更新)
<平成30年度防衛費 重要施策を見る(5)統幕> 多様化する任務、即応態勢を維持(2018年2月19日更新)
YS11FC飛行点検機 同乗ルポ 空の〝電波の道〟を点検(2018年2月19日更新)
救難飛行艇「US1A」90号機除籍 岩国基地で記念式典(2018年2月19日更新)
「武器等防護」昨年は計2件 防衛省が初公表(2018年2月19日更新)
蔵王温泉スキー場で6師団が遭難者捜索 山形(2018年2月19日更新)
日米韓で連携 対北圧力を強化 ペンス米副大統領と首相が一致(2018年2月16日更新)
北陸豪雪 10師団などが災派活動 車両約1190台を救出(2018年2月16日更新)
北陸豪雪 陸自部隊が災派 立ち往生した民間車両を救え(2018年2月16日更新)
米空軍長官が来省 空幕長と会談 空軍種間で緊密に連携(2018年2月16日更新)
災派出動時の留守家族への備え強化 支援体制 各地で整備 熊本 高知 海田市(2018年2月15日更新)
高校生など15人「ひゅうが」乗艦し体験航海に参加 和歌山(2018年2月15日更新)
陸自高等工科学校で新春恒例の書き初め大会 総勢900人が年始の決意(2018年2月15日更新)
北海道防衛局が2月20日に防衛問題セミナー(2018年2月15日更新)
フランス海軍「ヴァンデミエール」が晴海に入港(2018年2月14日更新)
戦場に革命を起こす軍用ドローンの群れ 技術動向と対処法 防衛装備庁の関係者に聞く(2018年2月14日更新)
空自が日米豪共同訓練「コープ・ノース・グアム」参加(2018年2月14日更新)
宮城で「フォレスト・ライト」オスプレイが参加(2018年2月14日更新)
国交省航空局長から岐阜病院長に感謝状 隊員で初の受賞(2018年2月14日更新)
統幕長、カナダ軍参謀総長と会談 日カナダ間の防衛交流促進で一致(2018年2月13日更新)
<平成30年度防衛費 重要施策を見る(4)空自>「F35A飛行隊」を新編(2018年2月13日更新)
海自部内幹候卒業式 東南アジアに外洋練習航海に出発(2018年2月13日更新)
海賊対処任務終え「あまぎり」がマレーシア海軍と共同訓練(2018年2月13日更新)
目黒駐屯地修親会 新編成功を祈願(2018年2月13日更新)
地方防衛局に「事業監理課」建設事業を一元検査・監督(2018年2月9日更新)
陸自と米海兵隊「アイアン・フィスト」島嶼防衛能力向上目指す(2018年2月9日更新)
CTF151司令官 梶元将補を派遣 自衛隊3人目(2018年2月9日更新)
仏海軍フリゲートが訪日「ゆうぎり」と訓練(2018年2月9日更新)

 

 

朝雲新聞社の本

『朝雲』縮刷版
2017

2018自衛隊手帳
自衛隊装備年鑑
2017-2018

アジアの
安全保障
2017-2018

平成29年度
防衛ハンドブック

わかる
平和安全法制

自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。