『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

TOP > 防衛関連ニュース


 防衛関連ニュース

空自が参加「レッド・フラッグ・アラスカ」
広大な空で戦闘機戦闘

2018年10月9日更新

 雪山が連なるアラスカ山岳地帯の上空を飛行する1輸空のC130H輸送機


 「レッド・フラッグ」演習をすべて終え、帰国を前に記念撮影を行う日米の参加部隊(アイルソン空軍基地で)

・・・他

 今夏、米アラスカ州のアイルソン空軍基地、エレメンドルフ・リチャードソン統合基地とその周辺空域で米空軍主催の演習「レッド・フラッグ・アラスカ」が行われ、空自からもF15戦闘機、C130H輸送機などが参加した。現地での訓練の写真と派遣指揮官の所感文を紹介する。


 今年の「レッド・フラッグ・アラスカ」には、中空を主体とする航空総隊、支援集団などの隊員計約290人と、6空団(小松)のF15戦闘機6機、警空隊(浜松)のE767早期警戒管制機1機、1輸空(小牧)のC130H輸送機2機、KC767空中給油・輸送機1機が参加。日米のほか、今年はシンガポール空軍も演習に加わった。

 F15部隊はE767の支援を受け、アラスカの・・・

続きを読む

派遣指揮官所感文 日米相互理解を深化

訓練成果を防衛の基盤に
総隊訓練実施部隊指揮官(6空団飛行群司令)柳 享範 1空佐

 今回、総隊隷下の約180人の精鋭たちがアラスカの地で米空軍との共同訓練に臨んだ。戦闘機や早期警戒管制機部隊は、日々重ねてきた練成の成果を大いに発揮し、実りある訓練となった。演習では、日米間の相互運用性や信頼関係などの深まりを実感でき、終盤、部隊全体の技量の高まりを頼もしく思った。

 空自が戦闘機を米本土に初展開したのは15年前のこと。私自身、その派遣要員として演習に臨み、アラスカの空で意義深い経験を得た。それから15年、日米の相互理解と共同対処能力はその意義を深めてきた。

 日米共同訓練の歩みを思う時、参加した隊員それぞれがアラスカの地で修得したことを生かして今後に臨んでもらいたい。

若手の成長、大きく
支援集団訓練実施部隊指揮官(1輸空飛行群司令)太田 将史 1空佐

 隊員たちは訓練制約の少ない恵まれた環境下で、戦術空輸における低高度航進、・・・

続きを読む

日豪「2プラス2」円滑化協定 早期妥結目指す 来年、国内初の戦闘機訓練(2018年10月19日更新)
北海道胆振東部地震の災派活動が終了 住民に見送られ自衛隊撤収(2018年10月19日更新)
インドネシア地震 国際緊急援助隊 輸送活動を継続(2018年10月19日更新)
岩屋大臣 防衛協力、募集功労で81団体、59人に感謝状(2018年10月19日更新)
日中防衛協議 ホットラインの早期開設を確認(2018年10月19日更新)
<訃報> 佐々淳行氏 死去(2018年10月19日更新)
朝霞で観閲式「隊員が誇り持てる環境整える」首相が訓示で決意 特別賞状授与も(2018年10月18日更新)
平成30年度観閲式 安倍首相訓示(要旨)国民の信頼勝ち得た60年(2018年10月18日更新)
グラフ特集 平成30年度自衛隊記念日観閲式 命と平和を守り、次世代へ(2018年10月18日更新)
平成30年度観閲式 予備自部隊、水機団、即機連、女性自衛官が活躍(2018年10月18日更新)
殉職隊員追悼式 30柱の名簿を奉納 首相「遺志受け継ぎ、全力尽くす」(2018年10月18日更新)
東北防衛局 日米共同訓練「オリエント・シールド」支援「現地連絡所」を開設(2018年10月17日更新)
緊急登庁の隊員、不安払拭へ 有事に備え各種支援策 練馬駐業(2018年10月17日更新)
西日本豪雨被災地へ314人 中国四国防衛局から職員派遣(2018年10月17日更新)
ミリタリージャズフェスを初開催 ジャズの灯火を照らす(2018年10月17日更新)
空自飛点隊60周年記念行事に100人 さらなる精強化へ決意(2018年10月17日更新)
リムパック2018 陸自水機団が上陸訓練 海自水中処分員は機雷回収訓練(2018年10月16日更新)
<ビッグレスキュー その時に備える> 第5回 普家俊哉氏 埼玉県(2018年10月16日更新)
ロシア駆逐艦が宗谷海峡を西航(2018年10月16日更新)
中国軍艦艇3隻、宮古海峡を北進(2018年10月16日更新)
海自水泳 横須賀Bが総合V 9個の新記録生まれる(2018年10月16日更新)
海自大村22航空隊、約60年かけ急患輸送5千回達成(2018年10月16日更新)
潜水艦「おうりゅう」進水 リチウムイオン電池を初めて搭載(2018年10月15日更新)
北海道胆振東部地震 空自千歳 全力で災派活動(2018年10月15日更新)
北海道胆振東部地震 秋田派遣隊 道路啓開、復旧に尽力(2018年10月15日更新)
空自開発集団が研究開発シンポ開催 XASM3実用試験成果も発表(2018年10月15日更新)
海賊対処31次隊「いかづち」が印海軍と共同訓練(2018年10月15日更新)
国際平和協力センター「基礎講習」課程 若手幹部ら41人修了(2018年10月15日更新)
インドネシアに国緊隊派遣 空自C-130Hが物資空輸 地震津波被害のスラウェシ島へ(2018年10月12日更新)
副大臣に原田憲治氏 政務官に鈴木貴子氏、山田宏氏(2018年10月12日更新)
岩屋毅・新防衛相にインタビュー 厳しい安保環境、防衛予算充実を(2018年10月12日更新)
海自、韓国観艦式に不参加 「自衛艦旗自粛要請」のめず(2018年10月12日更新)
海賊対処航空隊33次隊が出国へ(2018年10月12日更新)
共同訓練参加中 陸自隊員が殉職 大型車両と衝突(2018年10月12日更新)
日本主催でPSI海上阻止訓練 陸自1特防は「PORTEX」参加(2018年10月11日更新)
<ビッグレスキュー その時に備える> 第4回 福本出氏(2018年10月11日更新)
海自遠洋練習航海部隊 所感文 ジッダ~バルセロナ(2018年10月11日更新)
ベトナム艦艇が初来日 横須賀に続き堺にも寄港(2018年10月11日更新)
ブルー展示飛行に5万人歓声 和歌山地本が支援(2018年10月11日更新)
アジア太平洋地域後方補給セミナーを日本で開催「統合」テーマに29カ国が議論(2018年10月10日更新)
防衛基盤整備協会HPに「南シナ海仲裁裁判(仮訳)」を掲載 元防研所長 新保雅俊氏が翻訳(2018年10月10日更新)
副大臣、政務官 ふるさとトークで防衛省をPR 自衛隊と地域の信頼を醸成(2018年10月10日更新)
歯周組織再生治療を開始 自衛隊横須賀病院 保険適用「リグロス」を使用(2018年10月10日更新)
マレーシア、フィリピンに寄港の「あけぼの」艦内を公開(2018年10月10日更新)
首相乗せ政府専用機 米NYを往復(2018年10月10日更新)
空自が参加「レッド・フラッグ・アラスカ」広大な空で戦闘機戦闘(2018年10月9日更新)
日米共同訓練「アークティック・オーロラ」高度3700㍍から降下(2018年10月9日更新)
パプアニューギニア・ポートモレスビー 陸自中音が指導した軍楽隊が演奏(2018年10月9日更新)
日米豪加NZで「瀬取り」を監視(2018年10月9日更新)
ジブチで災害対処支援事業 陸自施設部隊が開始(2018年10月9日更新)
濵田2尉、世界王者 世界柔道女子78㌔級 体校柔道班初の快挙(2018年10月9日更新)
第4次安倍改造内閣 防衛相に岩屋毅氏(2018年10月5日更新)
小野寺前大臣が離任 「隊員の活躍見守り、支える」(2018年10月5日更新)
自衛隊千人態勢 生活支援を継続 北海道地震(2018年10月5日更新)
鹿児島県の種子島で 初の日米両用戦訓練(2018年10月5日更新)
空自4個航空団の戦闘機 米B-52と初の「連続訓練」(2018年10月5日更新)
中警団警備犬 防衛大臣から褒賞状 災派先で不明者発見(2018年10月5日更新)
舞台「靖国への帰還」開演 4年ぶり、主演の野口さんが演出(2018年10月5日更新)

 

 

朝雲新聞社の本

2019自衛隊手帳
アジアの
安全保障
2018-2019

自衛隊装備年鑑
2018-2019

平成30年度
防衛ハンドブック

『朝雲』縮刷版
2017

わかる
平和安全法制

自衛隊総合戦力
ガイド

当ホームページに掲載の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。すべての内容は著作権法によって保護されています。